本文へスキップ

「君の名は。」展に行ってきました/近況報告 - エンジョイ!アニオタライフ

近況報告SERVICE&PRODUCTS

「君の名は。」展に行ってきました

kiminonaha_exhibition.JPG

松屋銀座の8階イベントスクエアで開催された「君の名は。」展に行ってきました。
まぁ行ったのは3月中旬なのですがw

kiminonaha_ex_ticket.jpg

こちらは「君の名は。」展の当日チケット。
値段は確か700円だったとおもいます。

kiminonaha_ex_story_board.jpg

こちらは「新海誠」監督による絵コンテ。
三葉が落ちてくるティアマト彗星の破片を見上げているシーンですね。

では、さっそく会場の様子を・・・といきたいところですが撮影禁止でした(泣)
なので既存の資料で紹介していきます。

kiminonaha_ex_itomori_image.jpg

こちらは「新海誠」監督による糸守町の初期イメージボード。
糸守町は「飛騨地方」を、糸守湖は監督の出身地である「長野県小海町」にある松原湖と大月湖を
モデルにしたと語っておりましたね。

kiminonaha_ex_character_mitsuha.jpg

こちらは「安藤雅司」作画監督による「宮水三葉」の髪の結び方、決定稿。

説明不要でしょうが「君の名は。」は男女の中身が入れ変わってしまうというストーリーです。
一見、荒唐無稽に思えますが平安時代にはすでに「とりかへばや物語」が創作されていて
僕たち日本人にはわりと馴染みのあるモチーフですよね。

この作品も当然影響を受けていて当初のタイトルは「夢と知りせば(仮)――男女とりかえばや物語」
だったそうです。でも、このままのタイトルだったらあまりヒットしなかったでしょうねw

kiminonaha_ex_character_taki.jpg

こちらは色彩設定「三木陽子」さんによる色指定表。

他には新海監督によるビデオコンテやRADWIMPSの主題歌が聴けるコーナー、
企画書や台本など貴重な製作資料が所狭しと展示されておりました。
会場には幅広い年齢層の方が訪れていましたし、本当に国民的なアニメなんだなと実感しました。

kiminonaha_ex_photo_spot.JPG

会場で唯一、撮影OKの場所がこの黒板。
劇中で登場する古典の授業シーンを再現しております。
ちなみに「ユキちゃん先生」は「言の葉の庭」のヒロイン「雪野百香里」ですね。

今回の展覧会の感想ですが、僕は画集や設定資料などを購入していたので
あまり新鮮味は感じはしませんでしたw それでも楽しかったですけど。

kiminonaha_ex_shop.JPG

会場の外では物販のスペースが設けられておりました。
こちらも沢山の人で賑わっておりましたよ。

kiminonaha_ex_postcard_a.jpg

僕も展示会に行った記念にこちらの「設定画ポストカードセットA」を購入。
値段は600円だったと思います。

kiminonaha_ex_postcard_b.jpg

ついでに「設定画ポストカードセットB」も購入。
他にも多種多様なグッズが販売されておりましたが、あまり欲しいのもないし
値段も高いので僕はこの2つしか買いませんでした。
それに「君の名は。」関連の商品はどこにでも売ってますしねw

kiminonaha_ex_standy.JPG

会場の外には「宮水三葉」と「立花瀧」の等身大スタンディがありました。

kiminonaha_ex_cafe.JPG

同じ8階にある「イタリア料理&カフェ イ プリミ ギンザ」ではコラボメニューを提供しておりました。
食べてみたかったのですが、ここへ来る前にランチを済ませていたで今回は断念。
瀧(三葉)くんが写真に収めたパンケーキを味わってみたかったですw

kiminonaha_ex_blu_ray_sale.jpg

最後になりますが、7月26日(水)日本中が待ち望んだ日が遂にやってきました。
そうです、「君の名は。」Blu-ray&DVDの発売日です。
種類も豊富だし特典もお店によって様々ですから、みなさん悩まれていることでしょう。
僕はまぁ、シンプルに一番安いのでいいかなw

inserted by FC2 system