本文へスキップ

「株式会社カラー10周年記念展」に行ってきました@/近況報告 - エンジョイ!アニオタライフ

近況報告SERVICE&PRODUCTS

「株式会社カラー10周年記念展」に行ってきました@

khara_10ht_anniversary_ex1.jpg

あの「庵野秀明」さんが代表取締役を務める「株式会社カラー」
この会社の設立10周年を記念して開催された展覧会に行ってきました。

展覧会の会場はラフォーレミュージアム原宿。
原宿なんて久しぶりに行きましたわw

khara_10ht_anniversary_ex_ticket.jpg

こちらは入場券のチケット。
入場料はたったの500円と、とってもリーズナブル。
それに何と会場は写真撮影オッケーなんです! さすが太っ腹ですねw

では簡単に会場の様子を紹介します。

khara_10ht_anniversary_ex_shinji1.JPG

スタジオカラーといえばやはり「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」
会場の大部分はこのシリーズの「序」「破」「Q」の原画メインで展示されておりました。
画像が見づらいのは勘弁して下さい。会場が暗かったのでw

khara_10ht_anniversary_ex_shinji2.JPG

この作品の主人公「碇シンジ」
EVA初号機のパイロットでサードチルドレンの14歳。
「Q」は「破」から14年後の世界ですから14歳だった彼もアラサーに突入ですw

khara_10ht_anniversary_ex_ayanami1.JPG

こちらはヒロインの一人「綾波レイ」
EVA零号機パイロットのファーストチルドレン。データ上は14歳。

khara_10ht_anniversary_ex_ayanami2.JPG

ストレッチャーに乗って包帯だらけと衝撃の初登場シーン。
彼女ほどインパクトのあるアニメヒロインって20年以上経ったいまでも登場していませんよね。

khara_10ht_anniversary_ex_ayanami3.JPG

こちらは「序」のラストシーン。
ヤシマ作戦終了後、シンジが綾波を心配して助ける場面ですね。

khara_10ht_anniversary_ex_ayanami4.JPG

「序」は最初から最後まで完璧な作品だと思います。
ヤシマ作戦の件は何度鑑賞してもあきませんよね。

khara_10ht_anniversary_ex_ayanami5.JPG

シンジに笑えばいいと思うよと言われて優しく微笑む綾波。
ここのシーンは本当に幻想的で美しく感動的。アニメ史上屈指の名場面だと思います。

khara_10ht_anniversary_ex_shinji_ayanami.JPG

こちらは「破」のラストシーン。
使徒に吸収されていたレイを救い出す場面ですね。ここも個人的には好きです。
「序」「破」まではストーリーも良かったんですけどね・・・w

khara_10ht_anniversary_ex_asuka1.JPG

こちらもヒロインの一人「式波・アスカ・ラングレー」
EVA2号機パイロットのセカンドチルドレン。ドイツ出身の14歳。

khara_10ht_anniversary_ex_asuka2.JPG

アスカは「破」から登場します。
テレビ版では「惣流(そうりゅう)」でしたから「破」で名前が
変更に為ったのには驚きましたね。なぜわざわざ変えたのでしょうか?w

khara_10ht_anniversary_ex_asuka3.JPG

アスカは名前もそうですがパーソナリティも若干の変更がありました。
プライドが高く自己中なところは相変わらずですが、犬猿の仲だった綾波とも
そこまで仲が悪くなくむしろ気を配ってますし、あれだけ大好きだった加持さんにも無関心。
「破」での彼女は等身大の14歳の少女に描かれており僕はこっちのアスカの方が好きですね。

khara_10ht_anniversary_ex_asuka4.JPG

僕は昔からアスカ派だったりします。
性格が分かりやすいし可愛いですからw

khara_10ht_anniversary_ex_asuka5.JPG

こちらは「Q」のアスカですね。
「破」での事故から華麗に復活しファンを安堵させてくれました。
でも「Q」のアスカはあまり可愛くなくて僕的にはガッカリw

khara_10ht_anniversary_ex_asuka6.JPG

こちらはテレビ初登場のシーンですね。
テレビ東京で初めてみたエヴァはアスカが初登場する第八話「アスカ、来日」
でしたから個人的にはもっとも印象深いシーンです。

khara_10ht_anniversary_ex_asuka7.JPG

こちらは「劇場版Air/まごころを君に」の冒頭シーンですね。
胸がはだけたアスカをみて、欲情したシンジが自慰行為をするというショッキングな場面。
いま考えてもあのシーンって必要ありましたかね?

khara_10ht_anniversary_ex_kaoru1.JPG

こちらは「渚カヲル」
フィフスチルドレンの15歳。正体は使徒。

khara_10ht_anniversary_ex_kaoru2.JPG

テレビ版では第弐拾四話「最後のシ者」の1話しか登場しませんが
新劇場版は「序」「破」「Q」すべてに出演しております。
まぁ主役のシンジくんより人気があるから当然ですねw

khara_10ht_anniversary_ex_mari1.JPG

こちらは新劇場版「破」から登場する「真希波・マリ・イラストリアス」
タイトルとおり全てを「破壊」する為に投入されたオリジナルキャラクターです。
確かにマリは性格能力ともに他のチルドレンとは一線を画してますよね。

khara_10ht_anniversary_ex_mari2.JPG

ゲンドウを「君」付けで呼び、「ユイ」の知り合いであることを窺わせる発言。
さらにはアスカを「姫」と呼び、彼女の2号機に問題なく乗れたマリ。
やっぱり彼女の正体はアスカの・・・ってことなんですかね?

khara_10ht_anniversary_ex_misato1.JPG

こちらは「葛城ミサト」
特務機関NERV(ネルフ)戦術作戦部作戦局第一課所属の29歳。
「序」では二佐「破」では一佐に昇進しております。

khara_10ht_anniversary_ex_misato2.JPG

こちらは「Q」のミサトさん。
「Q」ではNERVと袂を分かち「WILLE(ヴィレ)」という組織の中心メンバーとなって
空中戦艦「AAAヴンダー」の艦長を務めることになります。14年経ってますから年齢も43歳にw

しかし・・・「Q」はどうしてそっちに舵を切ってしまったのでしょうか?

khara_10ht_anniversary_ex_midori.JPG

こちらは「北上ミドリ」ですね。
空中戦艦「AAAヴンダー」のオペレーターを担当している女性。
彼女も「Q」で初登場するキャラクターです。

khara_10ht_anniversary_ex_sakura.JPG

こちらは「鈴原サクラ」
シンジの親友トウジの妹で空中戦艦「AAAヴンダー」のメンバーのひとり。
テレビシーリズではその存在だけが知らされており、本人が登場することはありませんでした。
なので新劇場版で彼女が登場したのはサプライズでしたね。

個人的には「エヴァにだけは乗らんでくださいよ」このセリフが頭に焼き付いて離れませんw

khara_10ht_anniversary_ex_eva.JPG

エントリープラグを噛み砕こうとするエヴァ初号機。
テレビ版ではトウジ、新劇場版ではアスカがプラグの中にいる設定。

khara_10ht_anniversary_ex_background.JPG

第3新東京市の街並み。
もの凄い描きこみで圧倒されますね。

khara_10ht_anniversary_ex_group_shot.JPG

シンジと特務機関NERVの面々。良いカットですよね。

パートAへ続く!

inserted by FC2 system