本文へスキップ

「響け!ユーフォニアム2」最終回先行上映イベントに行ってきました/近況報告 - エンジョイ!アニオタライフ

近況報告SERVICE&PRODUCTS

「響け!ユーフォニアム2」最終回先行上映イベントに行ってきました

euphonium2_last_movie.JPG

青春吹奏楽アニメ「響け!ユーフォニアム2」
この作品の最終回先行上映イベントに行ってきました。

第1話の先行上映会にもチケット申し込みしていたのですが、残念ながら当選ならず。
なので今回チケット当選のメールが届いたときは本当に嬉しかったですw

euphonium2_last_movie_ticket.jpg

上映会が開催されたのは新宿ピカデリー。
チケット代は1500円ですが送料が500円掛かったので合計2000円です。

観客は男ばかり。しかも僕のようなオッサンも多くて一安心でしたw
ではネタバレするので、最終回を鑑賞していないかたはこれ以降読まないでください。

euphonium2_last_movie_scene1.jpg

最終回「はるさきエピローグ」

全国大会も終了し3年生が引退した吹奏楽部。
全国で金賞を取るという目標を掲げて新たな部長に「吉川 優子」が就任する。
彼女の進行で副部長を決めようとするが、なぜか「中川 夏紀」が立候補。
どうやら元副部長「田中 あすか」たっての希望のようだ。
さっそくキャンキャンいがみ合う優子と夏紀。
そんな2人をみて今後の吹奏楽部に一抹の不安を感じる「後藤 卓也」と「長瀬 梨子」

euphonium2_last_movie_scene2.jpg

部活帰りいつものコンビニでまったりしている「黄前 久美子」たち。
「高坂 麗奈」に先輩たちが引退して寂しいのかと聞かれ言葉を濁す久美子。
そこへ「塚本 秀一」が通りがかり、なぜかプレゼントの話を知っていた
「加藤 葉月」と「川島 緑輝」に嗾けられ久美子は秀一の後を追う。

久美子はプレゼントの件を誰かに話したかと問い詰めるが秀一は何もしらない様子。
2人で歩いていると「斎藤 葵」とあすかに見つかり必死で関係を否定する久美子。
久しぶりにあすかに会えて喜ぶ久美子だが、彼女は用事があるとさっさと帰ってしまう。
あすかの背中を見送りながら何ともいえない寂しさを覚える久美子。

euphonium2_last_movie_scene3.jpg

あっという間に月日は流れ、2月のある日吹奏楽部では「卒部会」が催されていた。
3年生は後輩の為に、後輩は3年生の為に心のこもった演奏を披露する。
長いようで短かった学校生活・・・懐かしむものや涙するものなど各々おもいおもいの時を過ごす。

楽しかった時は終わり、会の後片付けをする久美子たち。
彼女はあすかの姿を探すが既に帰ってしまった様子。
久美子はあすかに対して何か心残りがあるようだ。

euphonium2_last_movie_scene4.jpg

そして迎えた卒業式。卒業生代表として答辞を読むあすか。
久美子はそんな彼女の姿を祈るかのような表情で見つめる。

式が終わり、小雪が舞う中必死であすかの姿を探す久美子。
入学して間もなく、校門の前で演奏していたあすかの姿を回想していると
何かに導かれたかのようにそのあすかが姿を現す。

いつものように恋の相談かとおちゃらけるあすか。
しかし久美子は予想外の返事をします。そうですと。

euphonium2_last_movie_scene5.jpg

久美子はずっとあなたが苦手でした、いや嫌いだったかもと告白。
そんなことは分かっていたと答えるあすかに、久美子はいや分かってないと否定する。
だって今はこんなにも寂しいし先輩が大好きなのだと胸の内をさらけ出す久美子。

そんな彼女にあすかは一冊のノートを差し出します。
それは父から送られた大切なあのノート。もう自分には必要ないものだからと。
さよならって言いたくないと涙を流し縋る久美子。
そんな彼女にあすかは笑顔でいいます「またね」と。

あすかが去った後も、しばらく放心状態でその場に佇む久美子。
彼女がくれたノートを何気なく捲るとハッとさせられます。
そこには「響け!ユーフォニアム」という文字が。
あすかが人知れず吹いていたあの曲のタイトルはこれだったのかと静かな感動に包まれる久美子。

「久美子、昼から合奏練習」友人麗奈の声で我に帰る久美子は「ゴメン今行く」と答えます。
名残惜しさを感じながらも、何かふっきれたような表情で久美子は歩き出すのでした。

「響け!ユーフォニアム・・・その音の温かさを、私はいつまでも忘れない・・・」

euphonium2_last_movie_kumiko_asuka.jpg

いやあ・・・本当にあっという間の25分でした。
最後も特殊エンディングで締めて、久美子同様深い余韻に浸ってしまいました。

上映が終了すると「黄前 久美子」役の「黒沢ともよ」さんと「田中 あすか」役の
「寿美菜子」さんが登壇。司会の「松澤千晶」さんを交えてトークショーが始まりました。
二人ともキャラの性格まんまでしたし、とっても美人でしたねw

トークショーで一番印象的だったのは黒沢さんの言葉です。
この物語は「久美子の壮大な片想い」だと。僕も本当にそう思います。
特に2期は完全に久美子とあすかの為の物語でしたよね。

何だかんだいって久美子がユーフォニアムを頑張って吹くのは大好きなお姉ちゃんと
そのお姉ちゃんの面影を重ねているあすかに認めて欲しいという思いから。
そしてその大好きな2人との絆がユーフォニアムだからですもんね。

久美子があすかに対してその感情を自覚するのは、あすかが父「進藤正和」にしていることが
自分がお姉ちゃんに対してしていることとまったく一緒だったと気付いた時です。

いろいろな想いが溢れ出すけど、その気持ちを持て余す久美子。
でも少しずつ素直になっていき、勇気を持って行動に移す彼女がとっても愛おしく感じました。
大好きなあの人にこの音色よ届け!
「響け!ユーフォニアム」はまさに2人のユーフォニアム奏者の恋の物語です。

12話のストーリーですが、銅賞ってことで賛否あるかと思いますが僕はこれで良かったんじゃないかと。
コンクールでの演奏シーンは流して欲しかったですが、その分最終回では演奏シーン満載ですよ。
まだまだ書き足りませんが、あとは実際に最終回を鑑賞してみてください。
原作は完結してるようですが、どんな形でも続編やって欲しいですね。

バナースペース

エンジョイ!アニオタライフ


響け!ユーフォニアム2 1巻 [Blu-ray]
inserted by FC2 system